読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dairy of Sodacoconut

日々の事、ストーリーなど。

ブエノスアイレスでばったり(2013年)

 柊先輩はひどく臆病だった。人騒がせな事件ばかり起こしていて、話題が尽きることがなかった。手首を切る、なんてのは序の口だった。昔の小説に出てくる女学生みたいに艶やかな黒髪をたなびかせていたかと思えば、次の日には丸坊主同然のショートカットで現れたり、丸三日何も食べないばかりか一睡もせず、その間恋人に電話をかけまくって恋人をノイローゼにしたり(その恋人は不登校になった)、久々にクラスに来たかと思えば机に座ったまま日がな誰とも口を利かず、サルトルだのフロイトだのを読んでいたこともあった。それといつだったか夜の白銀公園で女の幽霊が出るという噂が近隣住民の間で広がった時、高校の同級生何人かが偵察と称して深夜の白銀公園の一角で息を潜めていた。その時彼らが目にしたのは、手を血塗れにして酒瓶を火にくべながら笑い叫ぶ先輩の姿だったというが、こいつはまあ幾分誇張が混じっているかもしれない。

いずれにせよ先輩はアナクロニズム極まる武功を着実に重ねて、非行少女の名をほしいままにしていた。けれど、そうした非行の数々に、僕としては、何か非行として結果的に認知されるのにそれ以上でも以下でもないような、世間の耳目を集めるのに至極妥当な、というか、つまりは根っこの部分では全く常識的な、優等生的な先輩の姿を透かし見てしまって、興味を引くのと同時に、弱冠白けたような、良く出来たお芝居を見ているような距離感があったのも事実といえば事実だったのだ。何しろ先輩は常識的で、そうして臆病だった。よくよく考えてみれば結局先輩は、自分を痛めつけることしかできないのだ。このわけのわからない、誰それと構わず死のエレベーター送りにする社会に、傷ひとつ付けることも出来やしないのだ。恋人を失ったのも、結果的には自分を少しずつ破滅に追い込んでいるだけで、よく手首を切るのと同じことだった。そんなのどこにでもある地獄の、どこにでも咲く花の類じゃないのか。僕は憤ってさえいた。先輩の紋切型の非行に、全てが忘れ去られ、なかったことにされるこの世界に、また、自らの臆病さを棚に上げながら、先輩に憤っている自分自身に...

 それは木曜日の放課後の事だった。

 

 

日記:10/03

今日はアニメ「世界征服〜謀略のズヴィズダー」を見てた。数年前にやってた時は3話をリアルタイムで観て、その時は特に興味を持てなかったんだけどこうして改めて1話から観てみるとキャラクターや世界観のキッチュさが凄く(今の)自分の好みに合ってるし小ネタが一々ツボで全話一気に観てしまった。プラーミャ様が可愛い。

 

 

眠い。起きてる間中胃が痛い。飯が自由に食えないのが辛いし、適当に近所をフラつけないのも辛い。

 

日記:秋の夏日

ずっと裸でいるみたいな1日で意識が遠かった。考えることを考えなくなっているというか...疲れてるんだと思った。僕はとにかく防衛本能が強すぎるので(あるいは無さすぎる事への反動とも言えるけれど。普通の人間が生まれつき備えている甲冑が自分にないようなイメージというか)「ずっと裸でいるみたいな状態」ぐらいでやっと正常値を保てる感じなのだけど、その為には心も体も目一杯疲れさせなきゃいけない...なんでそんなに疲れてたのかっていうと前の晩にエヴァをオールナイトで一気見してたからで...まあとにかく今日は1日中眠かったのと反比例してSAN値が上昇してた。それに加え、今日は近所の小学校で運動会とかいう無差別テロが行われていて、地響きみたいなキックが周辺の団地一帯に鳴り響いている勢いで正気の沙汰じゃない...と思ってそこから一時避難する為に立川で時間を潰してた。ジュンク堂ハインラインのSFと変女(漫画)の5巻を買って館内のカフェで読む。5時頃帰宅。

 

日記:初秋

誰も僕に意味のない火を点さないでほしい。今日は秋刀魚が特別美味しかったとか、そういうことだけで十分だ。生きてるだけで十分とはとても思えないけど、無言を共有したい。それが出来る人と...

 

最近J-Popやダンスミュージック、電子音楽の殆どが馴染めないと感じる。そういうのを進んで漁ってた時期もあるんだけど、この頃はとにかく油っこくて聞いてると胃が痛くなる感じで...

 

誤解が解かれないまま非難を受け続けるのは嫌だ。尊敬されるのはもっと嫌だ。肯定も否定もされたくない。放っておかれたい(いや、それも違う気がする...)

 

音楽、音楽、音楽...どこもかしこも音楽がかかっている。僕は逃げたい。別に静かな山や離島で暮らしたいわけじゃない。音のない都会に住みたい。

 

 

コーヒーを切らしてから2日が過ぎた金曜の晩、カフェイン中毒者の俺は辛抱たまらなくなり、もう今すぐ駅前のロイヤルホストに行ってアイスコーヒー、一杯だけでもと思って息切らしながら親に金の無心をしに行ったら、戸棚に今日買ったやつがあるからそれ飲めとしれっと言われ、先に言えよババア...と内心毒づいた後、台所の珈琲缶一杯に敷き詰められた新しいコーヒー豆(もうその光景だけで感極まりながら)の香りを、まずは思う存分に吸った(ヘロイン中毒者のように)。十分堪能した後、手始めに2杯分のコーヒー豆を挽いた。気合を入れすぎたのか豆が新しいせいか(珈琲屋のおやじが豆は焙煎後三日めぐらいで味が落ち着くと言っていた)ちと濃すぎると思った。

 

 

 

 

暑さが全力で蚊のため息ほどの生命力さえ薙ぎ払おうとするかのような日だった。いけないと思いながらも何もする気が起きず寝ていると、寝るのもキツくなってきて腹が減っているわけでもないのにイライラして、自分はただ無為にダラダラ過ごすのに向いていないのではないか、でも取り敢えず何かやっていることで充足感に満たされるのも後で後悔の種になるのだよなあ、やれやれ...それから何だか居た堪れない心持ちになって台所にいる母親に「今年はもうダメかもしれない」とぼやき、アスファルトの上のミミズの如くどうすることもできない暑さにのたうちまわるのみであった。

 

昼過ぎ、文房具屋に請求書を取りに行った。そこは小さい頃よく行っていた文房具屋であったが店員の顔を見る気になれなかった。声から、自分の小さい頃から知る店員だとわかった。

 

それ以外の時間はyoutubeTalking headsやSquarpusherとかを聴いたり読書に耽ったりして過ごした(youtubeも居心地のいい空間ではなくなりつつある)。明日は、明日こそはレコーディングに行かねば。

 

 

 

 

 

 

クロスリズムの日 Part01

何だか取り残されてる感じがする。部屋の中で腕を振ったり笑ったり、寝てもすぐ起き上がったりしているこの自分は一体誰だろうか?そんな奇妙な感覚に囚われてしまう。

 

妹が扇風機を買い与えられていた。もう、口を開くのも億劫というか、端的に死ぬんでないかというぐらい暑い。こんな日に杏子を煮る母親の気が知れない。

 

機能的な世界で、機能的な生活を享受したい、と思う。完璧な人工循環システムを築き上げた人類は、働く必要がなくなり、家庭の相互扶助に頼る必要もないので、必然的に人口は減少。人々は快適な木の上のシェルターに住み、離れたシェルターと時折交信し、週末は機能的なダンスホールで、機能的な音楽で踊る。そんな世界を夢想する。それは、幸福かはわからない。が、少なくとも今より不幸にはならないとは思う。